「アイカワラズ」はじまります。


DM撮影:熊谷直子

「アイカワラズ」

大窪美香、岡本智佳、小山直子、さかいまみ、佐藤和佳子、末松千夏、Midori Kanai
講師:熊谷直子

2017年1月11日(水)~1月22日(日)open 12:00 – close 19:00
*最終日は16:00まで、月・火曜休廊

ナダール/東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #12


写真家・熊谷直子さんを講師としてお迎えした「女性のための写真表現講座」修了生有志の写真展です。この講座では、毎日必ず1枚以上写真を撮ることを課題としました。毎日、写真のことを考えること。シャッターを切り続けること。その取り組みを通して、参加者それぞれにとっての写真表現の本質を見つめようと試みました。「撮ることとは何か」「表現することとは何か」という彼女たちの問いはこの先も続いていくものですが、本展にてその可能性の一端をご覧いただければ幸いです。

■展覧会開催に寄せて/写真家 熊谷直子
『アイカワラズ』

毎日同じ時間見える眺め。毎日の朝ご飯。毎日通る同じ道。

そこにカメラを向けると、ある時から毎日同じだと思っていたことに少しずつ変化があることを知り、またカメラを向ける。

そんなことをただひたすら5ヶ月間続けていたら、いつしか皆んな、自分にしかない「相変わらず」な毎日の中に散りばめられた「愛、変わらず」な瞬間に気付いたようです。

そんな彼女たちの『アイカワラズ』を2017年のスタートに見にいらしてください。

 

昨年末にも投稿させていただきましたが、先日搬入が終わりました。

絶好調?で身の回りがバタバタしており、正直言うと万全の体制では望めなかった今回の修了展ですが、そんな心理状態での撮影も含め「写真」だということでご容赦いただけたら幸いです。写真って本当に心持ちが出てしまうのですよね…オソロシイ。

写真学校と違い、技術というより写真に対しての姿勢を学ぶワークショップでした。学校に行っていない負い目という部分も多少はあるのかも知れませんが、でもやっぱり私は技術の前に、まずは心のありかたや被写体に対する気持ちの部分が大きいんじゃないかなあと思いました。それを表現しようとした際に必要になってくるのが技術ということで、そこばっかり勉強しても「何をどう思っているのか」がしっかりしていないと、何にもならないのだと思います。

月に一度しかお会いできない熊谷さんですが、会うといつも楽しそうに写真を撮っています。プロでもこんなに楽しく撮るのだ!というくらい、楽しそうです(笑)いつもカメラをしのばせています。そうじゃないとダメなんだなあと思いました。カメラはなんでもいい、でも撮ることをやめてはいけないのだと、学んだ半年でした。(そういいつつ、このバタバタでそれどころじゃない自分がいて悔しいのですが!)

 

1月14日(土)19:00より、簡単なレセプションパーティーを開きます。 講師の熊谷直子さんもいらっしゃいますので、熊谷さん目当てでお越しいただいても構いません(笑)お時間ありましたら「熊谷イズム」満載の展示に是非いらしてください。お待ちしております。


Facebookイベントページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPress spam blocked by CleanTalk.