アイカワラズ

「アイカワラズ」

大窪美香、岡本智佳、小山直子、さかいまみ、佐藤和佳子、末松千夏、Midori Kanai
講師:熊谷直子

2017年1月11日(水)~1月22日(日)open 12:00 – close 19:00
*最終日は16:00まで、月・火曜休廊

ナダール/東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #12


写真家・熊谷直子さんを講師としてお迎えした「女性のための写真表現講座」修了生有志の写真展です。この講座では、毎日必ず1枚以上写真を撮ることを課題としました。毎日、写真のことを考えること。シャッターを切り続けること。その取り組みを通して、参加者それぞれにとっての写真表現の本質を見つめようと試みました。「撮ることとは何か」「表現することとは何か」という彼女たちの問いはこの先も続いていくものですが、本展にてその可能性の一端をご覧いただければ幸いです。

■展覧会開催に寄せて/写真家 熊谷直子
『アイカワラズ』

毎日同じ時間見える眺め。毎日の朝ご飯。毎日通る同じ道。

そこにカメラを向けると、ある時から毎日同じだと思っていたことに少しずつ変化があることを知り、またカメラを向ける。

そんなことをただひたすら5ヶ月間続けていたら、いつしか皆んな、自分にしかない「相変わらず」な毎日の中に散りばめられた「愛、変わらず」な瞬間に気付いたようです。

そんな彼女たちの『アイカワラズ』を2017年のスタートに見にいらしてください。

 

現在、同ギャラリーで「展示バカ」が開催されており、そちらにも出品しておりますが2017年早々の展示の告知を少し。

ナダールで開催されていた写真家の熊谷直子さんの個展を拝見して、「ああ、格好いいなあ」「こういう生々しい(生きている)写真が撮りたいなあ」と思ったのがきっかけで、熊谷直子さんを講師に迎えたワークショップに参加しました。毎日写真を撮ることという課題は簡単なようで、当時の私にはとても大変な作業でした。(今もですが)自分の興味のあるものに無関心にならないように、心の衝動に素直に、自分の気持ちに鈍感にならないように、とにかくひたすら撮る。これはどんなテクニックよりも大切なことだと思います。

分かっていてもなかなかそうはできなくて、今も現在進行形でジタバタしています。

でも、それを含めて「アイカワラズ」な私の写真なのかなと。手で描く絵と違って、なりふり構わず自分をさらけ出さないと、個性というものは表面になかなか出てこないのかも知れません。

 

そうそう今回のDMの写真は、贅沢にも熊谷直子さんに撮っていただきました。被写体(笑)の立場として熊谷さんの撮り方を体験できて、ダブルで貴重な体験をさせてもらいました。(DMの写真をどうするか、の話し合いで熊谷さんに撮ってもらうとか…とか大それた提案をしてしまって、プロにそんなお願いしちゃうとか…と自分でハラハラしてしまってました。)自分が写ってるDMを送るとか、ほんとうに気恥ずかしいのですが、でも写真はとっても素敵なので「熊谷直子さんの写真ならDM貰ってやるよ」という方がいらしたらご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPress spam blocked by CleanTalk.